10月18日は「後の名月」十三夜です♪ =小木人形 埼玉県 さいたま市 岩槻=

十五夜と十三夜の二つを合わせて二夜の月です。

 

もう一つの月見の十三夜は別名を『栗名月』・『豆名月』とも呼ばれ、秋の収穫を感謝いたします。

 

秋の澄み切った夜空の『十五夜』だけでなく『十三夜』の月を大豆・栗などをお供えして楽しみましょう。

 

 



 

2022年度 雛人形・五月人形カタログ請求

2022年度 無料 雛人形・五月人形カタログ請求はこちらから


 

お子様の初正月飾破魔弓・羽子板飾り、2022年度雛人形予約会は11月1日からの営業です。

◆ 羽子板・破魔弓:11月1日~12月29日

(期間中は無休で営業いたします。)

◆ ひな人形:11月1日~2月24日

 

小 木 人 形

 

小木人形は、『お客さまに喜びを』をモットーに

人形のまち人形のまち岩槻 破魔弓・羽子板、雛人形、五月人形の人形専門店です。

店主・スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。

 

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログへ雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 

秋のお彼岸の中日「秋分の日」は9月23日ー小木人形 埼玉 人形のまち岩槻ー

秋分は先祖を敬い墓参り、法要でご先祖を供養します。

 「暑さ寒さもひがんまで」とは言うとおりだんだんと涼しくなってまいります。

お日様のエネルギーのとらえ方なんでしょうか?

強いときも弱いときまた、その中間と、まさに春分・秋分はその日です。

太陽が真西に沈彼岸花 曼珠沙華 秋分の日むことはご先祖様をしのぶには良い時期ということです。

仏教の世界には『西方浄土(西の方角には苦しみのない世界=極楽浄土の世界)があると考えていました。

現世が最も近くなる日が春分・秋分です。

春のお彼岸同様、お墓参りをするなど、ご先祖様に感謝をし、供養をささげる大切な仏教行事です。

昼と夜の長さがだいたい同じとなる秋分の日(九月二十三日)を中心として、その前後三日ずつ合わせる七日間を『秋の彼岸』といいます。

 

私たちは御先祖さまを偲ぶ尊い機会です。

彼岸花 曼珠沙華 秋分の日 

秋の彼岸のイメージに良く使われます。 この頃に咲かせる、天に赤く咲く花を「曼珠沙華」「彼岸花」とも言います。




 

お子様の初正月飾破魔弓・羽子板飾り、2022年度雛人形予約会は11月1日からの営業です。

◆ 羽子板・破魔弓:11月1日~12月29日

(期間中は無休で営業いたします。)

◆ ひな人形:11月1日~2月24日

 

小 木 人 形

 

小木人形は、『お客さまに喜びを』をモットーに

人形のまち人形のまち岩槻 破魔弓・羽子板、雛人形、五月人形の人形専門店です。

店主・スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。

 

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログへ雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 

10月1日は「衣替え」

栗ごはん、キノコごはんと秋の実りを感謝で味わう時です。

五節句 重陽の節句 菊の節句 栗の節句

栗の節句 重陽の節句の御馳走です。


衣替えは年に二回、六月一日と十月一日に行います。

十月一日に行う衣替えを『後の衣替えのちのころもがえ』と申します。 平安時代から続いています ♪

もともとは『後の更衣』は着物を綿入れに替えることでした。

今では、その綿入れに代えて厚手のものを用意いたします。

 

 

ひな人形を春と区別して秋に飾るひな人形を『後の雛』と同じことです。

 

おひなさまを飾ってみたり、衣替えをしたりしてちょっと気分も変えてみたいです。

破魔弓・羽子板、雛人形は2020年11月1日オープン予定です。

 

2021年度雛人形・五月人形カタログ申し込み受付中です。

2021年度雛人形・五月人形カタログ請求

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログへ雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備

秋の七草『葛』

八月もわずかになりました。

秋と実感がありませんが、少しづつ季節はうつり変わります。

秋の七草と言えば華やかさはないでしょうが、何となく静かさを感じるものです。

その七草の中で生命力のある葛にお花が咲いているではないですか。

 

秋の七草 葛の花

 

稲も黄金色にしっかり色づき実りの秋です。

 

稲穂 実りの秋

八月八日は『立秋』暦の上では、この日から秋。

土用明けの暑さきびしい折、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

八月は秋の気配を感じる別名『葉月』

夏の花 朝顔

八月八日は『立秋』暦の上では、この日から秋となります。

そうは言うものの、まだまだ猛烈な暑さてす。

日本各地で邪気払い、風水害を打ち払う、疫病除けの意味を持つ夏祭り、東北の弘前・青森のねぶた、秋田の竿灯祭り、西では高知のよさこい祭り、徳島の阿波踊り、岐阜の郡上踊りと色々各地で機会はございます。

人形のまち岩槻では伝統と歴史を感じられるお祭り、ジャンボひな壇や人形衣装での仮装行列と人形のまち岩槻らしい夏祭りが2019年8月18日(日)に予定されています。

後日新しい情報が入りましたら改めてご案内致します。



 

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 

2月19日は【雨水】です。

雨水にはお友達と楽しく一足早いひな祭りを楽しんみましょう。

二十四節気の一つ『雨水』が間近です。

この頃より春めいた気候に変わり始めるとされています。

ところが、この時期は気候が不安定で20日には雪になるようですが、このような『三寒四温』と言われる交互に温かな日と寒い日が繰り返されます。

『雨水』は旧暦の女正月とも言われ、女性を労らう日、この日は雛人形にお供え物でもしてみましょう。

雛人形の色かさねが待ち遠しい春を思わせて、ホットします。

雛人形・衣装 色重ね

 



五月人形を見に行こう!! 人形のまち岩槻 小木人形

2018年度雛人形開催中です。

営業時間はAM9:30~PM6:00です。

ひな人形: 2月24日まで営業です。

五月人形:  3月7日から営業です。

期間中は無休で営業いたします。

2018年度五月人形・雛人形無料カタログ進呈請求いただけます。

2018年度新作五月人形カタログ

2018年度雛人形カタログ申し込み受付

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 

10月4日は『中秋の名月』です♪

2017年の中秋の名月は10月4日で、その翌々日の10月6日が満月となります。

中秋の名月は、新月となる日から数えて15日目の夜の月を云い、満月は、地球から見

 

て月と太陽が反対方向になった瞬間月のことです。

月の満ち欠け中秋の名月 月見

月はおよそ一か月の間にだんだんと丸くなったり、欠けたりしてゆきます。

それを毎月同じように繰り返します。

それで一年中の農作業などに役立てたのです。

秋には特に満月はとっても綺麗に丸く見え、月を眺めて楽しむだけでなく、感謝をしてまいりました。

秋の七草(葛・女郎花・萩・桔梗・藤袴・撫子・薄)と団、芋、果物と一緒に飾ります。

 



「月にはうさぎが住んでいて餅つきほをしている」と楽しくなるお話がございます。人形のまち岩槻 十五夜 月とうさぎ

正倉院の南倉には密陀絵雲兎形赤漆櫃みつだえくもうさぎがたせきしつのひつ」と呼ばれる唐櫃がある。

花樹に跳びかかる2匹の羽の生えた兎が描かれています。

月にはちもともと不老不死の霊薬をつく兎が住んでいて、枯れることのない桂の木が生えているという伝えが中国にはあるようです。

兎はある老人を助けようと燃え盛る火に飛び込んでわが身をささげるその行いを憐み、老人は帝釈天になって姿を現しその遺骨を月に収めて後世までその善行を伝えた。

今でも、兎は童謡とか説話などに親しまれています。

うさぎの大きな耳でぴょんびょんと飛び跳ねることから飛躍のお守りとして、また多産であることから子孫繁栄の象徴として知られています。

 



 

ところで、店頭では

破魔弓・羽子板雛人形の準備は順調に進んでおります。

 

破魔弓・羽子板、雛人形は2017年11月1日オープン予定です。

 

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ

 

人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

 

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内)

赤ちゃん授乳室完備 

後の雛と後の衣替えで秋を楽しみましょう ♪

暑さ、寒さも彼岸までと申しますが、栗・柿・葡萄・さつま芋など秋の実りいっぱいの季節となりました。

秋分の日栗がごろごろっといっぱい入った栗ごはんは家族みんなで食べたいものですねぇ~。

ところで、そろそろ衣替えと思っていらっしゃる方が多いことでしょう。

衣替えは年に二回、六月一日と十月一日に行います。

 

十月一日に行う衣替えを『後の衣替えのちのころもがえ』と申します。

ひな人形を春と区別して秋に飾るひな人形を『後の雛』と同じことです。人形のまち岩槻 小木人形 塗り平台親王飾り

もともとは『後の更衣』は着物を綿入れに替えることでした。

今では、その綿入れに代えて厚手のものを用意いたします。

おひなさまを飾ってみたり、衣替えをしたりしてちょっと気分も変えてみたいです。

 

 

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 
岩槻工業団地内

二十四気の一つ【白露】は九月七日です。

秋分の日の十五日前にあたります『白露』夏から秋へ移り変わります。

秋と言えば九月・十月・十一月の三月をさします。

九月七日は草木に露が宿り秋の気配漂う「白露はくろ」です。

夏から秋へ移り変わります。

 

草木に露が宿り秋の気配漂うこのころから季節の深まりを感じます。

七十二候

  • 草露白そうろしろし人形のまち岩槻 小木人形 二十四節気『白露』

草に落ちた露が白く光る

  • 鶺鴒鳴せきれいなく

セキレイが鳴きはじめる

  • 玄鳥去げんちょうさる

ツバメが南を指して去って行く

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 
岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 

九月一日は【二百十日】

彼岸花もあぜ道に彩り始めました。

また、烏瓜のレースのようなお花をく見かけます。秋 烏瓜

皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

二百十日は立春から数えて210日目にあたり大暴風雨となるようです。

この時期は台風が多く発生致します。

今、台風15号に直撃に遭い小笠原諸島では大雨と暴風です。

テレビ等のニュースで驚き心からお見舞いを申し上げます。

 

ところで、

9月に入りましたので、小木人形は店舗内に工務店さんがステージ作りを行っています。

開店準備を進めております。

開店は11月に1日になっております。

 

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 
岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備