雛人形 岩槻

雛人形|五月人形は人形のまち岩槻が人気です

雛人形・五月人形 無料カタログ進呈2022年度

  • ひな人形、雛人形
  • 正月飾り
  • 雛人形五月人形カタログ
  • 端午の節句五月人形
雛人形通販コーナー
授乳室完備

雛人形の歴史ある小木人形

人形のまち岩槻には歴史があります。
人形作りに合った風土が生んだ技があります。
雛人形、五月人形の頭師として初代から心ひとつ、私どもが大切にしていることは、作り手の真心をお一人おひとりのお客さまにお届けすることを喜びにしていることです。
岩槻にお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。
お正月飾り(破魔弓・羽子板)、雛人形、五月人形を豊富に取り揃えてお待ちいたしております。

雛人形 五月人形、無料カタログ進呈2022年度

  • ひな人形カタログ
  • 五月人形カタログ

※雛人形カタログ進呈:12月初旬の発送予定です。カタログの申し込みは随時受付致します。
※五月人形カタログ進呈:2月初旬の発送予定です。カタログの申し込みは随時受付致します。

人形のまち岩槻

岩槻人形とは埼玉県にある岩槻区で作られており、一つの生産地だけで数多い種類の着付け人形の製造を手掛けている事で有名です。

昭和53年には江戸木目込人形が国の伝統的工芸品に選ばれました。
さらに平成19年には衣装着人形が『岩槻人形』の名称で伝統的工芸品に指定されました。

伝統ある高い技術力が評価され、さいたま市の歴史ある伝統産業となっています。

小木人形の所在

雛人形は小木人形

「お子さまの笑顔はひな祭りから作りたい」
「お子さまの元気は子どもの日から作りたい」

雛人形や五月人形を家族みんなで飾り、楽しみの中から桃の節句(ひな祭り)、端午の節句の意味を知って頂ければと思い五月人形・雛人形を作成しております。
節句の季節になるとお雛様を頭に浮かべ、美しい表情や華やかな飾りに胸がときめくのは、きっとどんな女の子でも同じことでしょう。
強くたくましい五月人形を思い浮かべると、強い男の子になりたいと思った日を思い出すでしょう。
年を重ねても節句の季節になると感じるものです。
幼い頃、確かに感じたお雛様やかっこいい内飾りに憧れるあの気持ちを、いつまでも大切にしたいですよね。
そんな皆様の「節句」を色あせずに残したい、そんな思いで良質で上品な雛人形を、強くたくましい五月人をご用意し、お待ちしております。

雛人形、お子さまの行事の料理・節句料理

お子さまの成長を祝い、願う様々な行事の料理をご紹介いたします。
特別な日のための特別な食事は、ご家族皆様にとってのあたたかい時間になることは間違いありません。
桃の節句や端午の節句の際、どんな料理を振る舞おうか迷われている方、ぜひご参考にされてみてください。

  • メールでのお問合せ
  • 電話でのお問合せ
岩槻の雛人形
株式会社 小木

〒339-0072
埼玉県さいたま市
岩槻区古ヶ場2丁目1番3号
TEL 048-794-2964
FAX 048-795-0518

営業時間

午前9:30 ~ 午後6:00

お店の外観
販売期間のお知らせ

羽子板・破魔弓
11月1日~12月29日
雛人形
11月1日~2月24日
(12月30日~1月2日はお休みとなります)
五月人形
3月7日~4月30日

駐車場案内 店内案内

きめ細かいサービスをさせて頂くために、ご来店の際には電話にて、ご連絡頂ければ幸いです。

店内写真

  • 雛人形
  • 雛人形
この投稿をInstagramで見る

#小木人形#埼玉#さいたま市#岩槻

小木人形 - official site -(@koboku_ningyo1930)がシェアした投稿 -

新着情報

京小十番親王柳官女付塗桐三段飾りセットNo3001B

2022年度雛人形早期予約会 可愛い塗り桐 親王+官女 三段飾り

雛人形の衣装の文様を楽しむ   『松喰向鶴』  お内裏様(女雛・男雛)の衣装は有職文様『松喰向鶴まつくいむかいづる』 松と鶴の組み合わせは不老不死の仙人が住む蓬莱山の松は茂り、松をくわえた「松喰い鶴」が舞うとい […]

京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセット No3000C

2022年度雛人形早期予約会 人気の焼桐 親王+官女 三段飾り

初節句のお祝いの仕方    ひな祭りは三月三日または宵の節句(前日の晩)、両家のご両親や親しい方々をお招きしてお祝いします。 料理には夫婦円満の象徴とされる縁起の良い食材を用いた料理が用意されます。 &nbsp […]

2022年雛人形・五月人形カタログ 撮影3日目

 今日はスッキリとした青空の秋晴れとなりました。 岩槻工業団地内の欅もちょっとづつ色づきはじめました。 毎年、お子様の初正月飾破魔弓・羽子板飾りと雛人形予約会が始まる頃にはだいぶ欅も黄色・茜と目を楽しませます。 令和4年 […]

雛人形・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R

2022年度雛人形早期予約会 コンパクト焼桐平台親王飾り

男雛・女雛の並べ方はどうするの?    一番上が内裏雛といってお殿さまとお姫さまです。 今よく見かけるのが向かって左が男雛で右が女雛で飾るけれど、京都や田舎の方へ行くと、反対なんだけれど、決して間違いではありま […]

十五夜 月と兎

旧暦九月十三日は『十三夜』10月18日です ♪

「月見」をして観月を楽しむと同時に五穀豊穣を感謝する風習があります。    旧暦八月十五日の九月二十一日にはススキを飾って、お団子など備え「月見」でしたが、 今年は10月18日は旧暦九月十三日となり『十三夜』で […]