ひな祭りは江戸時代に五節句の一つとして庶民に広く行われるようになりました。

人形のまち 岩槻 小木人形

 

『どうしてひな祭りは三月三日にするの』

 

 昔々のこと、寒い冬が去って、三月の初めの巳の日にお祓いをしたことからはじまったの。

これはね、源氏物語という今から千年位前のお話にも出てくる行事で、このお祓いの日には皆が川原に出て人間の形に切り抜いた紙で体中を撫でて、病気や穢れをこの紙に移して、川にながしたの。

 この「巳の日祓」をいつからか三月三日と決めて、行うようになり、そしてこの日にひな祭りをするのは、祓いの行事と深い関係があることなのよ。

 

『お祓いって何かしら? どうして昔はしたのかしら』

 

 昔はお医者さんとかお薬があっても少なく、特に生まれたばかりの赤ちゃんが病気に罹らないで無事に育つようにとどこのお家でもお人形を作って枕元に置いたり、寝ているお部屋に置いたりしたの。

天児あまがつ這子ほうこというお人形です。

人形のまち岩槻 岩槻人形博物館所蔵 「天児・這子」

岩槻人形博物館コレクション (埼玉県さいたま市岩槻区)

 

 両方とも小児誕生時に作られるもので、幼児を襲う穢れや災を負わせるための形代で、男女の区別なく、天児は主として宮中で、這子は民間で使われていたようです。

これが後の「立雛」によく似ているところは、見逃せません。

 

『立雛から座雛へ』

 

 雛の形は、立雛と座雛に分類されます。

立雛は紙雛とも言われるように主として紙で作られたのです。

かたちから推測して、天児、這子からきた男女一対雛人形のように見えます。

 

 


 

 

『昔はどんなおひなさまをかざったの?』

 

 昔、江戸時代に、七段飾りのようなおひなさまを飾ったのは、お大名のお姫さまとかお金持ちのお家だけだった。

 

それは、雛人形が高かったということもあったし、お侍さんの暮らしと普通の人の暮らしが異なるということもあって、飾るおひなさまも異なっていた。

 

 昔はね、お人形さんよりお道具が多かった。ほら、箪笥とか、茶箪笥とか、お裁縫の道具とかね、とても立派なものを作ったの、でもそういうもまはお大名のお姫さまの話。

昔は電車・新幹線という乗り物などがないから江戸で作っているおひなさまは江戸とその近くだけで、あまり遠くへ売られてゆくことはなかった。

だから京都と江戸で作るおひなさまはどこかがちがう。

 

それから他ところへ行くと又、お百姓さんや商人の家で飾るおひなさまがそれぞれちがう。だから昔は色々なひなにんぎょうがあったの。土雛というのき、粘土で形を作って、窯で焼いて色をつけたもの。木で彫った物。紙を貼って色をぬったハリコ人形。長野県松本で飾った押絵びなは、紙ときれと竹のホセで、作ったもの。

 

 

 

『どうして赤い布を敷くのかなぁ?』

 

 昔中国では、赤はお除けの色だつた。 ほらよく、お宮さんや橋なんかで赤く塗ってあるのをみたことがあるでしょう。 悪魔つまり病気や火事のような悪いことが起こりませんようにという時に使ったのが赤い色だった。

 

昔は赤ちゃんが生まれると、男でも女でも真赤な着物を着せたのも、そんなわけなのよ。

 

ひな祭り 桃の節句


意外に知らない『ひな人形・ひな祭り』のお話

雛人形には大切なお役目の方々の15人です。

内裏雛

段の一番上は内裏雛といって、お家の中の中心になる方です。
お姫さまはきれいなお嫁さんですね。

お嬢様も将来のお婿さんと仲良く暮らせるようにと、天皇さま、皇后さまのような夫婦の理想像の良縁に恵まれますようにと、パパとママの祈りを籠めてお飾りします。

三人官女

お殿さまとお姫さまの生活にお仕えして、心身ともに支えてゆく大切なお役目の方々です。
家の中心になる方に助け、支えあって行く姿を学びます。

五人囃子

楽器を奏でる方たちで心も和みます。人様を楽しませる気持ちが分かるでしょう。

隋臣(右大臣、左大臣)

お内裏さまを警護お守りするお役目の方々。

老若二人で、老人の方は長い人生経験で良き体験でを生かし知識豊かさを若いものに教え、若人は体を使って支えてゆく姿です。

仕丁

お内裏さまのお殿様とお姫さまがお出かけになる時の従者の方々です。

三人のお顔を良く見ると、笑い上戸、怒り上戸、泣き上戸と人生の『喜怒哀楽』を表現したお顔です。
皆でそれぞれのお仕事をして、仲良く暮らして行くことを15人揃いのお雛さまは教えます。


ひな祭り 桃の節句 お供え物 菱餅 雛あられ

 

ひな祭りのお供え物には昔から、それぞれに由来がございます。   

 

  菱餅

ひな祭り 桃の節句 お供え物 菱餅

菱形の菱には植物(池や沼に生えて、実の形が菱形)として繁殖力が強く子孫繁栄を願うものです。

赤(桃の花)、白(雪・白酒)、緑(芽吹き・ヨモギ)の三枚の餅を菱形に切って重ねた物。

緑は芽吹き 邪気を祓う 白は 清浄 桃色は健康(疫病除け)魔除け    

 

  草餅・よもぎ餅

ひな祭りのごちそうには欠かせません。

よもぎは薬草で、邪気を祓う魔除けの病を寄せ付けない力があると信じられています。

 

 雛あられ

米粒を炒ったものと、小さなおせんべいのようなあられでできたものとあります。 菱餅と同じく長寿と清浄を表す「白」、魔除けの「赤」、健やかな成長の「緑」の彩りで品勝りには欠かせません。

 

 白酒

みりんと餅米、米麹で作った濁りのあるお酒。

平安、室町のころは魔除けの力があるという桃の花びらを浮かべた「桃花酒」でした。

江戸時代後期ごろから今のような「白酒」になったといわれています。

 

 蛤の海潮汁(はまぐりのうしおじる)

蛤は貝合わせの遊びで知られるように、蛤は、一対の貝がびたりと合っても他の貝とは合わないことから絆の意味の夫婦和合の願いがが籠められています。

 

  雛祭りの料理をご用意してございます。

 

ひな祭りには菱餅・ちらしずし・蛤のお吸い物

新着情報

岩槻人形博物館所蔵 御所人形 座姿 江戸時代

岩槻人形博物館 企画展『御所人形 ― 輝く肌の魅力』 開催中

健康美あふれる三等身の童子の姿の人形    御所人形は、大きな頭に白い肌を持ち、三等身のフォルムで表された、童子の姿をした人形。 主に京で製作されました。日本人が持つ理想的な子供のイメージが重ねられており、健康 […]

五月人形 戦国武将 伊達政宗 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121

五月人形の種類 鎧兜  戦国武将鎧兜

男の子が初めて迎える端午の節句を初節句、家族でお祝いいたします。     上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 山形県文化財 紫糸威胴丸具足模写 久能山東照宮蔵 戦国武将徳川家康 重要文化財 歯朶しだ具足 […]

五月人形・国宝模写 紺糸威模写鎧平台飾り No321F

五月人形の種類 鎧兜 国宝模写鎧兜・重要文化財模写鎧兜

端午の節句の内飾りには、五月人形 鎧兜を主体にしたものなどを飾ります。   初節句のお祝いの五月人形はお子さまの健やかな成長を祈り鎧兜を贈ります。    現在は飾り方には特に決まりはございませんので、 […]

五月人形・黒小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾り No3211

五月人形の飾り方の種類 鎧兜 鯉のぼり

五月人形の飾り方には大きく分けて、外飾り(鯉のぼり・武者絵幟)と内飾り(鎧、兜飾り・大将飾り)    本質的には立身出世を願う鯉のぼりと子供の無事な成長を願う内飾り。 意味が違いますので両方飾るのが望ましいので […]

端午の節句 成長と立身出世を願います ♪

旧暦七月十五日を中心に祖先の霊をお迎えし、おもてなし贈る『お盆』です。 ご先祖も「端午の節句」をもって子孫の繁栄を願いました。   五節句の一つ五月五日の 『端午の節句』は男の子の成長を願います。   […]