五月五日の端午の節句は男の節句。男児の無事な成長を願う鯉のぼり

鯉の滝登りのようにたくましく育てと鯉のぼりを揚げます

人形のまち 岩槻 小木人形

鯉のぼり 作詞/作曲者不明

    • いらかの なみと くもの なみ
    • かさなる なみの なかぞらを
    • たちばな かおる あさかぜに
    • たかく およぐや こいのぼり
    • ひらける ひろき そのくちに
    • ふねをも のまん さまみえて
    • ゆたかに ふるう おひれには
    • ものに どうぜぬ すがたあり
    • ももせの たきを のぼりなば
    • たちまち りゅうに なりぬべき
    • わがみに によや おのこごと
    • そらに おどるや こいのぼり
    • 甍の波と雲の波
    • 重なる波の中空を
    • 橘かおる朝風に
    • 高く泳ぐや 鯉のぼり
    • 開ける広き其の口に
    • 舟をも呑まんさま見えて
    • ゆたかに振るう尾鰭には
    • 物に動ぜぬ姿あり
    • 百瀬の滝を登りなば
    • 忽ち龍になりぬべき
    • わが身に似よや男子と
    • 空に躍るや 鯉のぼり

■ 登龍門の伝説–鯉が龍になる ■

中国に、鯉が滝を昇ると龍になるという伝説があり、出生魚と言われる鯉は、立身出世を祝う端午の節句には鯉のぼりは大きな役目として永く愛されています。

新着情報

五月人形・平重盛 紺糸威大鎧模写

伝平重盛像 神護寺三像 一般公開のご案内 

「英雄」の平重盛の肖像画が拝観できます。   フランスの作家、アンドレ・マルローは京都・神護寺の『伝 […]

五月人形 端午の節句には鯉のぼりを揚げよう

鯉のぼりを揚げる楽しみ ♪鯉のぼりの取り扱い方

鯉のぼりの取り扱い方(鯉のぼりの揚げ方、しまい方、保存の仕方)   鯉のぼりの寿命は? 鯉のぼりの素 […]

五月人形・大山祇神社所蔵 国宝紫糸威大鎧模写鎧飾りNo321-K

5月1日~5月7までは終日お休みとさせていただきます。

このひな祭り・端午の節句にと多くのお客様にご用命を賜り誠に有難うございます。 5月1日~7日まではお休みとなり […]

男児の成長を祝い、立身出世を願う 鯉のぼり

武家社会から始まった、男の子の祭りとしての「端午の節句」が庶民に定着したのが、江戸時代の中期です。 &nbsp […]

五月人形 端午の節句には鯉のぼりを揚げよう

2018年度 五月人形は4月30日までの営業です。

五月五日「端午の節句」は男子の成長と幸せを願い、お祝いをする伝統的な日本の行事です。 新緑の候、風薫る爽やかな […]