五月五日の端午の節句は男の節句。男児の無事な成長を願う鯉のぼり

鯉の滝登りのようにたくましく育てと鯉のぼりを揚げます

人形のまち 岩槻 小木人形

鯉のぼり 作詞/作曲者不明

    • いらかの なみと くもの なみ
    • かさなる なみの なかぞらを
    • たちばな かおる あさかぜに
    • たかく およぐや こいのぼり
    • ひらける ひろき そのくちに
    • ふねをも のまん さまみえて
    • ゆたかに ふるう おひれには
    • ものに どうぜぬ すがたあり
    • ももせの たきを のぼりなば
    • たちまち りゅうに なりぬべき
    • わがみに によや おのこごと
    • そらに おどるや こいのぼり
    • 甍の波と雲の波
    • 重なる波の中空を
    • 橘かおる朝風に
    • 高く泳ぐや 鯉のぼり
    • 開ける広き其の口に
    • 舟をも呑まんさま見えて
    • ゆたかに振るう尾鰭には
    • 物に動ぜぬ姿あり
    • 百瀬の滝を登りなば
    • 忽ち龍になりぬべき
    • わが身に似よや男子と
    • 空に躍るや 鯉のぼり

■ 登龍門の伝説–鯉が龍になる ■

中国に、鯉が滝を昇ると龍になるという伝説があり、出生魚と言われる鯉は、立身出世を祝う端午の節句には鯉のぼりは大きな役目として永く愛されています。

新着情報

岩槻人形博物館所蔵 御所人形 座姿 江戸時代

岩槻人形博物館 企画展『御所人形 ― 輝く肌の魅力』 開催中

健康美あふれる三等身の童子の姿の人形    御所人形は、大きな頭に白い肌を持ち、三等身のフォルムで表された、童子の姿をした人形。 主に京で製作されました。日本人が持つ理想的な子供のイメージが重ねられており、健康 […]

五月人形 戦国武将 伊達政宗 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121

五月人形の種類 鎧兜  戦国武将鎧兜

男の子が初めて迎える端午の節句を初節句、家族でお祝いいたします。     上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 山形県文化財 紫糸威胴丸具足模写 久能山東照宮蔵 戦国武将徳川家康 重要文化財 歯朶しだ具足 […]

五月人形・国宝模写 紺糸威模写鎧平台飾り No321F

五月人形の種類 鎧兜 国宝模写鎧兜・重要文化財模写鎧兜

端午の節句の内飾りには、五月人形 鎧兜を主体にしたものなどを飾ります。   初節句のお祝いの五月人形はお子さまの健やかな成長を祈り鎧兜を贈ります。    現在は飾り方には特に決まりはございませんので、 […]

五月人形・黒小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾り No3211

五月人形の飾り方の種類 鎧兜 鯉のぼり

五月人形の飾り方には大きく分けて、外飾り(鯉のぼり・武者絵幟)と内飾り(鎧、兜飾り・大将飾り)    本質的には立身出世を願う鯉のぼりと子供の無事な成長を願う内飾り。 意味が違いますので両方飾るのが望ましいので […]

端午の節句 成長と立身出世を願います ♪

旧暦七月十五日を中心に祖先の霊をお迎えし、おもてなし贈る『お盆』です。 ご先祖も「端午の節句」をもって子孫の繁栄を願いました。   五節句の一つ五月五日の 『端午の節句』は男の子の成長を願います。   […]