日本の文様   宝尽くし (たからづくし)

縁起の良い物を寄せ集めた文様 == 瑞祥の表徴
この宝尽くしの衣装の柄は親王・官女に使われています。

  • ■ 宝珠(ほうじゅ)
    • もとは密教法具の一つ。先にとがった珠で火焔が燃え上がることもある。望みのものを出すことができる珠。
  • ■ 打出の小槌(うちでのこづち)
    • 振れば欲しい物が手に入り、望みが叶うという小槌。物を打つことから敵を「打つ」に通じて吉祥文の一つになった。
  • ■ 七宝(しっぽう)花輪違い
    • 円の吉祥性か、宝尽くしの一つにかぞえられている。
  • ■ 丁字(ちょうじ)
    • スパイスのグローブのこと。
      平安時代に輸入され、薬用・香料・染料・丁字油にもなり、希少価値から宝尽くしの一つになった。
  • ■ 宝鑰(ほうやく)
    • 蔵を開ける鍵で、雷文形に曲がっている。
      縁起の良い福徳の象徴。
  • ■ 金嚢・巾着(きんのう)(きんちゃく)
    • お守りやお金、香料を入れる袋で、緞子や錦で美しく作られた。
  • ■ 宝巻・巻軸(ほうかん・まきじく)
    • ありがたいお経の巻物。
      交差して置いた物を「祇園守」という。
  • ■ 分銅(ふんどう)
    • 物の重さを量る時に使うおもり、金銀で鋳で非常時に備えた。弧状にくびれた形が文様として好まれている。
  • ■ 熨斗(のし)
    • 延壽の象徴。
      方勝(ほうしょう)雑ハ地宝の一つで菱形を赤や桃色の紐で結ぶ。
  • ■ 隠れ蓑(かくれみの)
    • 着ると他人から姿が見えなくなる蓑。
      天狗が持っているとの伝えがある。
      危険な事象から身を隠して護っていただける。
  • ■ 筒守(つつもり)
    • 宝巻などを入れる筒。

新着情報