歴史と人形のまち 岩槻へようこそ 「岩槻城大構」

江戸時代初期の『武州岩槻城図』に愛宕神社が記されている。

「岩槻城大構(いわつきじょうおおがまえ)」

埼玉県さいたま市岩槻本町3丁目21−25

戦国時代の末から江戸時代の岩槻城下町は、その周囲を土塁と堀が囲んでいたが、この土塁と堀を大構(外構・惣構・土居)という。

城下町側に土塁、その外側に堀が巡り、長さは約八kmに及んだという。

 

この大構は、天正年間(1580年頃)、小田原の後北条氏が豊臣政権との緊張が高まる中、岩槻城外の町場を城郭と一体化するため、築いたものとされ、白の防御力の強化を図ったほか、城下の町場の保護にも大きな役割を果たした。

廃城後は、次第にその姿を消し、現在は一部が残っているにすぎず、愛宕神社が鎮座するこの土塁は大構の姿を今にとどめる貴重な遺構となっている。

東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」より徒歩3分

五月人形はじめてくらぶ

人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内)

赤ちゃん授乳室完備 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website