九月十九日は十五夜

このたびは台風十八号によって日本中あちらこちらと、豪雨、突風の多大の被害がありましたことは、テレビ、新聞紙上で承知いたしておるところです。

埼玉では熊谷地区の方には被害があわれたご様子。

被害にあわれました方々には、まことにお気の毒に存じ心からお見舞いを申し上げます。

一日でも早くご復興なされますようお祈り申し上げます。

中秋の名月ところで、台風も去って今日は素晴らしい秋晴れです。

九月十九日、旧暦八月十五日の満月はもっとも美しいといわれています。

旧暦では、七月から九月までが『秋』に当たります。その真ん中が八月なのです。

この八月十五日の満月を『中秋の名月』とし、収穫を祈り、お月見をするものです。

『月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月』という言葉あそびの歌に歌われている月も八月を指しています。

私たちはお月さまを幸せを感じながらゆっくりと眺めたいものです。

お月見のお供え物として、すすきは欠かせません。

秋の収穫稲穂に代わっての月の神様の依代としてのすすきです。

また、ススキの他では秋の七草として女郎花、フジバカマ、桔梗、萩、撫子、葛も供えます。

今年は素晴らしいお月さまが見られますように~~。

雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内)

 赤ちゃん授乳室完備


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website