いろはかるた 『 く 』 岩槻城 黒門

歴史と人形のまち 岩槻 岩槻城城門 『黒門』

岩槻城址公園の中に、『黒門』の名で知られる岩槻城城門があります。

かつて岩槻城の大手門ともいわれましたが、諸資料の記す岩槻城大手門の計鹿とは異なっており、おそらくは、幕末期の岩槻城三の丸にあった城主居宅の表門の遺構でしょう。

歴史と人形のまち 岩槻 岩槻城址 黒門木部を黒く化粧されていることから、いつしか『黒門』とよばれるようになりました。

『黒門』は、岩槻城三の丸から浦和へと埼玉県庁が移転した時に移築され、県庁正門として使用されました。

県の名称は、県庁所在地の所属する郡名をとるのが原則でした。

『埼玉県』の名も、当時の埼玉郡に属していた岩槻を県庁として埼玉県が誕生したことに由来します。

この門は、埼玉県成立の経過を象徴する建造物といえるわけです。

なお、『黒門』はその後県知事公舎の門に転用され、昭和29年の岩槻市への委譲と岩槻市市役所通用門としての使用を経て、昭和45年、現在に移築されました。

 

資料 : 埼玉県さいたま市教育委員会 岩槻城と城下町

いわつき郷土文庫 第3集

東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」より徒歩25分
人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ
人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website