いろはかるた 『 に 』 日光御成街道

歴史と人形のまち岩槻 宿場町 日光御成街道

三代将軍徳川家光が日光に東照宮を造営し、その街道筋にあたる宿場町であり、地理的には江戸から九里、そののど元にあたる岩槻の宿場町は江戸から出て最初の宿場町であった。

岩槻は江戸幕府の大名によって統括されていたる

岩槻の人形との関わりは東照宮の造営や修築に携わった工匠たちが、江戸への帰途、あるいは東海、近畿その他園地への帰途に立ち寄った。

岩槻の人情深さや桐在には事欠くなかったことで、桐たんす、下駄やらを作ったと言われ、桐製品を作る際に出るおが屑が岩槻をに家業の生産日本一にする役目となる。

人形のまち岩槻 小木人形 ひな人形初めてクラブ
人形のまち岩槻 小木人形 五月人形はじめてくらぶ
人形のまち岩槻 小木人形 カタログサイト雛人形・五月人形 人形のまち岩槻 小木人形
〒339-0072  埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2丁目 岩槻工業団地内


赤ちゃん授乳室完備 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website