久能山東照宮蔵 徳川家康の歯朶(しだ)具足模写 No3251

徳川家の武具の中でも筆頭に位置づけられる具足。

久能山東照宮蔵 栄達の徳川家康の歯朶(しだ)具足模写

 

祖父から孫への最高の贈り物として人気の鎧飾り。

サイズ 間口105cm×奥行55cm×高さ105cm

 

歯朶具足は徳川家康公が1600年の関ヶ原の合戦と1614年~15年のの大阪の陣の際に用いた甲冑。

縁起の良い、吉祥の具足とされました。

徳川家の武具の中でも筆頭に位置づけられる具足。

徳川家の縁起の良い具足ということで、德川家四代家綱以降、歴代将軍は、この具足とそっくりの『御写形(おかうつしがた)』を作らせ、正月11日の『具足祝』の際、本丸御殿の黒書院に飾り、家康公の栄光を偲んだ。

 

律儀者で辛抱強いがゆえに、天下を取った家康公。

徳川家康 東照大権現

幼年は織田・今川両家の人質であったが、桶狭間の合戦後、岡崎に戻り独立。

三河平定や織田信長の死を経て五か国の大大名へと成長。

小田原攻め後には、豊臣秀吉より関東六か国を与えられ、天正18年(1603)に幕府を開き、約260年間続く泰平の世の礎を築いた。

死後は静岡の久能山に埋葬され、翌年、東照大権現の神号を贈られ、日光に改葬される。

五月人形・久能山東照宮蔵 徳川家康の歯朶(しだ)具足模写 No3251

徳川家康―四海を統べる者、天下人

五月人形・久能山東照宮蔵 徳川家康の歯朶(しだ)具足模写 No3251

 


久能山東照宮

駿河湾を背に、千百五十九段の石段がある。

二百六十五年も長き泰平の江戸時代を築いた武将・徳川家康公が眠る久能山東照宮。

平成二十二年十二月に、権現造りの最古の建造物として国宝に指定される。

絢爛豪華な社殿の奥に進むと、石段の左右には家康の家臣達が奉納した石灯籠があり、荘厳な感が致します。

 


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。