金小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾No3211セット

五月人形・金小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾No3211セット

高床台の鎧飾りに菖蒲の刺繍の屏風を添え一層豪華に。

金小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾セット

五月人形・金小札赤糸威大鎧 焼桐高床台飾No3211セット

サイズ間口90cm×奥行64cm×高さ105cm

 

菖蒲の絵柄のバランスのとれた配置が自然です

 

菖蒲を飾る意味

昔の武家社会では音読みの「菖蒲」を勇ましいイメージのある「尚武」にかけ、男児の無事な成長を願って武者人形や鯉のぼりを飾る習慣

五月人形の歴史と由来

男の子の誕生をお祝いする端午の節句は、奈良時代から伝わる行事です。

端午とは「月の初めの五日」を意味する言葉で、それが五月五日とされたのは、朝廷時代から武家の政治に移りゆく頃といわれています。

その由来ですが、この時期に開花する「菖蒲」は、病気や災厄をさける効果があるとしてしたしまれていました。

その「菖蒲」が、武を尊ぶ「尚武」や「勝負」と結びつき、端午の節句とは、五月五日に限る呼称となったのです。

勇敢な男の子の象徴として、鎧兜が屋内に飾られはじめたのは、江戸時代の中頃。

五月人形を飾り祝う行事が一般庶民の家にも広まったのも、この頃からです。

男の子の誕生と、健やかな成長をお祝いするために飾られる五月人形は、我が身を守る役目を果たしていた鎧兜にちなんで、「武将のように強く立派に成長し、大きな幸福を授かりますよう」という家族の願いがこめられています。


 

五月人形・鎧飾りセットは飾り台・屏風は焼桐仕様が人気です。

五月人形・焼桐鎧高床台飾り 焼桐製作工程

焼桐は軽くて反り難く、表面も汚れ難くとてもお取り扱いも簡単、出し入れも御手間いらずと人気商品です。