愛媛 大山祇神社所蔵 国宝 赤糸威胴丸鎧模写飾り No321-H

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写 No321-H

源義経が着用したと伝えられる鎧模写飾り

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写 鎧飾り

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写 No321-H

サイズ  間口84cm×奥行50cm×高さ90cm

 

 

                                         

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写 No321-H

 

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写 No321-H

 

 

源義経(1159~1189)

義経が在京中のことである。

後白河法皇の皇子守覚法親王は密かに義経を招いて親しく懇談した後、「源義経ただなる勇士にあらざるなり。張良三略、陳平六奇、その芸を携えその道を得た者か」と賞賛した武芸に精通した傑物、兵法の達人というところであろうか。

義経の戦争には常に短期決戦である。また、義経配下には当時の武士団にありながちな傍若な振舞や乱暴狼藉がことさら少ない。義経の願うところは、市に平氏の追討であり、二に混乱した秩序の回復であった。「自専の虜をさしはさみ、・・・・・偏に雅意にまかせ、自由の張行をいたす」(『吾妻鏡』)というような独断専行の性向があったことも事実だろうが「武勇と仁義においては後代に佳名のこすものか」(『玉葉』)と歎美したとおり、義経が「もののふなれど情けあるおのこ」(『平家物語』)、いわゆるナイス・ガイだったことは想像に難くない。

資料 平泉 高館 義経堂の案内

平泉 高館 義経堂


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。