東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

五月人形・東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

鎌倉時代中期 紫裾濃鎧は優雅な色彩が人気の理由です。

東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧飾り

五月人形・東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

 

サイズ  間口84cm×奥行50cm×高さ90cm

紫裾濃(むらさきすそご)】

濃い同一の色を裾に用い、上に行くと段々と淡い色になって行く最上段は白となっています。

五月人形・東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

 

五月人形・東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

 

東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧兜飾りNo321-G

 

 


 

 


五月人形・屏風は焼桐仕様

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。