徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252

五月人形 徳川家康公 南蛮具足模写 No3252

徳川家康が歯朶具足と共に代表的な模写南蛮具足飾り

徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写飾り

五月人形 徳川家康公 南蛮具足模写 No3252

小木人形オンラインショップお取り扱い商品・ネットショップお取り扱い商品

 

サイズ 間口84cm×奥行45cm×高さ105cm

 徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252  南蛮具足の本体

 

徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252 南蛮鎧兜の部分

 

 

徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252 南蛮鎧上部

 

徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252 南蛮具足のマント姿

 

 

徳川家康公 日光東照宮所蔵 南蛮具足模写 No3252 焼桐屏風に弓太刀

 

五月人形 飾り台・屏風には焼桐が人気です。

小木人形は試行錯誤を繰り返し妥協のない焼桐の技法で作り上げました技が生きた五月人形飾り台・屏風等を使用しております。

五月人形セットとして平台飾り・高床台飾りをご用意しております。

製作工程
① 植物性液体(表面だけでなく表面深まで火が通る液体)を塗ります。
② 酸素バナーで焼きます。
③ 炭取り専用機にてスス炭を取り除きます。
④ 伊保田を塗ります。(ハゼの木に付虫の油を採取し粉末にする、粉米油を液体にしてぬる。)
⑤ 磨き機に掛け磨き艶を出します。