徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の兜模写 No3152

徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の兜模写 No3152

スケールの大きな一の谷大釘の後立が存在感のある兜飾りにします。

徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の模写兜飾り

徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の兜模写 No3152

サイズ  間口65cm×奥行52cm×67cm

 

 

五月人形・徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の兜模写 No3152

 

五月人形・徳川家康公 東京国立博物館所蔵一の谷形の兜模写 No3152 兜の背面


 

風神雷神図屏風 建仁寺 レプリカ

 

 

【風神雷神図屏風 建仁寺 レプリカ】


風神雷神図の画題は俵屋宗達から宗達の作風を慕う尾形光琳そしてまた、酒井抱一へと受け継がれている。
俵屋宗達 江戸時代 17世紀
落款はないが、江戸時代はじめの京都の絵師俵屋宗達(生没年不祥)が描いたとされている。
連鼓を背負った雷神の姿は中国に、風袋を両手で持つ風神は西域のさらに西に起源がある。
この神を組み合わせて仏教を守る神として仏画に描かれた。

儀軌では雷神は赤、雷神は青(緑)とされるが、本図は雷神を白く変えている。
赤だったらこのような明快な画面にはなっていないだろう。
もとは京都市右京区宇多野に建仁派の妙光寺に伝来していたといわれる。


                平成開山・栄西禅師 800年遠忌 特別展「栄西と建仁寺」東京国立博物館 館内案内より