織田信長公 創作兜黒塗平台飾り No3161-B

五月人形・織田信長公 創作兜飾り No3161-B

天下布武を掲げ、乱世を駆け抜けた英雄信長の兜飾り

赤と黒が際立つおしゃれな織田信長公創作兜飾り

五月人形・織田信長公 創作兜飾り No3161-B

サイズ 間口62cm×奥行40.5cm×高さ64cm

 

織田信長公 創作兜飾り No3161-B

 

織田信長公 創作兜飾り No3161-B

 

織田信長公 創作兜飾り No3161-B飾り台・屏風

 

 


五月人形・戦国武将織田信長 天下布武

織田信長が天下布武の象徴として、天正4年(1576)家臣の丹羽長秀に命じて造らせた安土城

琵琶湖の内湖(伊庭内湖・安土内湖)に囲まれ南方だけが開けた地形で、岐阜城よりも京に近く、北陸・東海を監視するに適していた。

約6年の歳月をかけて築城し、絢爛豪華な城郭だったと伝えられている。

現在は、重厚な石垣や礎石が残り、国特別史跡に指定されています。

【天主跡】天主閣の地下に当たります。

一般的は「天守」という字ですが、安土城は「天主」という字があてられています。

殿は自らを「天の主」と考え、天主を住まいとしておられました。

天主に住んだのは、この語の秀吉の二人だけです。

またて、金箔を施したシャチホコが飾られたのも安土城が最初です。

「大和66州のど真ん中」で静かな琵琶湖を眺め、戦いのない世を願っておられました。

お問い合わせ: TEL0748-46-4234(安土駅前観光案内所)

安土城郭資料館

内部まで精巧にⅠ/20に復元した幻の名城【安土城】が展示され、安土桃山時代を描いた屏風絵風陶板壁画が楽しめます。

お問い合わせ: TEL0748-46-5616

資料: 安土町観光協会 案内紙 を抜粋