本多忠勝公 黒糸威二枚胴具足模写 高床台飾りNo2281

天下の豪男徳川四天王の一人、勇壮な戦国武将らしい人気の鎧飾り

戦国武将・本多忠勝公鎧 本多隆将氏蔵 黒糸縅二枚胴具足模写 高床台鎧飾り

 

 

幟旗含む サイズ  間口105cm×奥行64cm×高さ110cm

五月人形・本多忠勝公 黒糸縅二枚胴具足模写 高床台飾りNo2281

 

五月人形・本多忠勝公 黒糸縅二枚胴具足模写 高床台飾りNo2281 兜

 

五月人形・本多忠勝公 黒糸縅二枚胴具足模写 高床台飾りNo2281 背面

徳川家康四天王の一人、本多平八郎忠勝の鹿の角の前立の鎧は有名です。

長久手の戦いの時は、わずか300騎の小勢を率いて豊臣の大軍をけん制し、秀吉に敵ながら”あっぱれ”と言わせた鹿の前立の鎧です。

徳川家康の旗本。

先手役の本多忠勝。

関ヶ原の戦いでは、井伊直政とともに東軍先鋒の軍監を命ぜられ功績をあげました。


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐はそう桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。