山梨 菅田天神社所蔵  国宝模写 小桜韋威之大鎧 平台飾No321-D

五月人形・山梨 菅田天神社所蔵  国宝模写 小桜黄返韋威鎧平台飾り No321-D

小桜模様が誇らしいげに式正の鎧の美しさが圧巻の小桜黄返韋威鎧

 

鎧飾り・国宝模写鎧兜 国宝模写 小桜黄返韋威大鎧 No321D

山梨 菅田天神社所蔵  国宝模写 小桜韋威之大鎧 焼桐平台飾り

鈴甲子 雄山作 小木人形オリジナル

 

国宝模写鎧兜・ネットショップお取り扱い商品 通販サイトお取り扱い商品

 

【商品番号】山梨 菅田天神社所蔵  国宝模写 小桜韋威之大鎧 平台飾No321-D
【価格】¥325,600(税込)
【サイズ】間口84cm×奥行45cm×高さ90cm

 

小桜黄返皮威大鎧は:甲斐源氏の祖である新羅三郎源義光が所有していたものと伝えられ武田信玄公が所持していたが、
徳川家康公も一時所持し、後に家康公により菅田天神社に奉納される。

国宝模写鎧兜 国宝模写 小桜黄返韋威大鎧 No321D 鎧全体

 

 

鎧兜・国宝模写鎧兜 国宝模写 小桜黄返韋威大鎧 No321D 胴の部分 

 

鎧兜・国宝模写鎧兜 国宝模写 小桜黄返韋威大鎧 No321D 背面

平安時代から鎌倉次世代時代にかけての甲冑は大鎧。

大鎧は、正式の鎧であることから【式正(しきせい)の鎧】と言い、美しいもの。

大鎧は胴の部分、草摺からなり、胴は鉄製か革製の小札をきれいに染めた革、紐で隙間なくつなぎ、敵の刀や矢を防いだ。

大鎧は兜の左右に吹返しのある錣を両側麺と背面を巡って垂らした星兜で、正面には鍬形を附ける

大鎧の特徴

 

 

五月人形の鎧飾り兜は焼桐平台・屏風に弓太刀

五月人形の鎧飾り兜は焼桐平台・屏風が好評です。

 

山梨県 甲州市塩山上於曽 菅田天神社

山梨県 甲州市 菅田天神社

 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

製作工程
① 植物性液体(表面だけでなく表面深まで火が通る液体)を塗ります。
② 酸素バナーで焼きます。
③ 炭取り専用機にてスス炭を取り除きます。
④ 伊保田を塗ります。(ハゼの木に付虫の油を採取し粉末にする、粉米油を液体にしてぬる。)
⑤ 磨き機に掛け磨き艶を出します。

 

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。