広島 厳島神社所蔵  国宝模写 浅葱綾威之大鎧飾りNo321-E

五月人形・広島 厳島神社所蔵  国宝模写浅葱綾威鎧飾りNo321-E

絵韋の不動明王が目を引く優美な印象の気高い鎧飾り

不動明王 

明王とは大日如来のの化身として、魔を砕き、煩悩を焼き尽くして衆生を正しい道に導く不動明王

 

国宝模写鎧兜・鎧飾り・広島 厳島神社所蔵  国宝模写浅葱綾威鎧飾りNo321-E

広島 厳島神社所蔵 国宝模写(鎌倉時代後期)四分之一 浅葱綾威之大鎧飾りNo321-E

鈴甲子 雄山作 小木人形オリジナル

 

【商品番号】広島 厳島神社所蔵  国宝模写 浅葱綾威之大鎧飾りNo321-E
【価格】¥306,900(税込)
【サイズ】 間口84cm×奥行45cm×高さ90cm

 

国宝模写鎧兜・ネットショップお取り扱い商品 通販サイトお取り扱い商品 

 

日清戦争の時も、浅葱綾威鎧は明治天皇の御居間に飾られて、天皇の御覚え目出度かった鎧です。

 

国宝模写鎧兜・広島 厳島神社所蔵  国宝模写浅葱綾威鎧飾りNo321-E 鎧本体

 

国宝模写鎧兜・広島 厳島神社所蔵  国宝模写浅葱綾威鎧飾りNo321-E 鎧の側面

 

国宝模写鎧兜・広島 厳島神社所蔵  国宝模写浅葱綾威鎧飾りNo321-E 鎧の背面

大鎧の特徴

 


国宝模写鎧兜・広島 厳島神社

 

厳島神社は平家関係の宝物が収蔵されていますが、敵となる源家の名将の鎧兜も所蔵されています。

源義光の黒韋威胴丸も所蔵されています。

弦走と吹返の不動明王の絵韋は二度に渡って北九州を襲った元の大軍と、それを迎撃した日本軍の激戦の時不動明王が脚光を浴びる。

戦闘方式も元寇から射戦から太刀打ちに変化し、鎧兜もそれによって変化します。


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

製作工程
① 植物性液体(表面だけでなく表面深まで火が通る液体)を塗ります。
② 酸素バナーで焼きます。
③ 炭取り専用機にてスス炭を取り除きます。
④ 伊保田を塗ります。(ハゼの木に付虫の油を採取し粉末にする、粉米油を液体にしてぬる。)
⑤ 磨き機に掛け磨き艶を出します。

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。