伊達政宗 重要文化財 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121

五月人形 戦国武将 伊達政宗 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121

前立には木製の弦月、天下統一を目指す政宗公のスケールの大きさとセンスを物語る。

仙台市博物館所蔵模写

五月人形 戦国武将 伊達政宗 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121

小木人形オンラインショップお取り扱い商品・ネットショップお取り扱い商品

 

サイズ 間口75cm×奥行40cm×高さ61cm

 

伊達政宗 重要文化財 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121  弦月前立て兜本体

 

 

 

伊達政宗 重要文化財 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121 弦月前立て兜の背面

 

 

伊達政宗 重要文化財 黒漆五枚胴具足模写鎧 兜飾り No3121 焼桐枠金沢箔屏風に弓太刀揃

紺地に金日輪の幟旗をセットにした落ち着いた焼桐台屏風使用豪華に飾る兜飾りセットです。

 

 

伊達政宗 黒漆五枚胴具足模写具足 No3221 具足の本体

 

 


五月人形伊達政宗公 イラスト

文武両道の戦国武将として良く伊達政宗公があげられますが、 兜の前立てに弦月の前立てを、旗印には日輪を描いたものが使われました。


そして、伊達政宗公以降、伊達家の家紋の一つに九曜星を使われました。

(伊達家以外にも一般に九曜星は道中祈願のために良く使われていた。)