雛人形・五段飾り 京十番親王芥子十三人揃No5011

五段飾りの雛人形 京十番親王芥子十三人揃No5011

憧れのひな人形は五段飾りが人気商品です。

ひな人形・五段飾り・京十番親王芥子十三人揃No5011

 

京十番親王芥子15人揃・おひなさまは飾り栄えは見事なセット

【サイズ】

間口100cm×奥行100cm×高さ100cm

 

雛人形・五段飾り 京十番親王芥子十三人揃No5011 殿

桜花は昔話の『花咲爺』で桜の花によって福を招いたお話でお分かりの様に招福の意味がこめられています。

ご家族の皆様で祝うひな祭りにはお奨めしたい衣装です。

 

雛人形・五段飾り 京十番親王芥子十三人揃No5011 女雛

 

雛人形・五段飾り 京十番親王芥子十三人揃No5011 ひな屏風

 

雛人形・五段飾り 京十番親王芥子十三人揃No5011 三人官女

 

 

焼桐五段飾り 京十番親王芥子十三人揃 No5011

 


 

ひな人形は最初は紙びなと言って立ち姿のものが多かったのです。

立雛

紙びなは大昔のひとかたに良くにたものでした。

今日のように座ったひな人形になったのは、江戸時代の中ごろからと思われますが、その後も紙びなは行われました。

今日も木目込み製などの立ち姿のものが伝わっています。

ひな人形もはじめは男女一対のものだけをいくつも飾ったのですが、後に官女・随身・衛士あるいは五人囃子などを添えるようになり、今日の形態が生まれました。

 


 

小木人形は試行錯誤を繰り返し妥協のない焼桐の技法で作り上げました技が生きたひな台・ひな屏風枠を使用しております。

 

雛人形・焼桐七段飾り・三段飾り・五段飾り・親王飾り 焼桐政策工程

雛人形セットとして平飾り・三段飾り・五段飾り・七段飾り・収納飾り
をご用意しております。

製作工程
① 植物性液体(表面だけでなく表面深まで火が通る液体)を塗ります。
② 酸素バナーで焼きます。
③ 炭取り専用機にてスス炭を取り除きます。
④ 伊保田を塗ります。(ハゼの木に付虫の油を採取し粉末にする、粉米油を液体にしてぬる。)
⑤ 磨き機に掛け磨き艶を出します。

 

 

 

他にも異なるサイズの五段飾り雛人形をご用意してございます。

間口115cm×奥行き115cm×高さ118cm

★ワンポイントアドバイス★

 段の飾り方

 

飾り段の組み立てには両サイドに一人づつ、側板の取り付けからはじめます。

下段の前板を置き、下から畳の張った飾り段を載せて、最後に天板を設置します。

■ 収納箱の出し入れは簡単 ■
■ 飾り段のお手入れ・ 軽く乾拭きでOK ■

■ 雛人形の飾り方、並べ方 ■

゛おひなさま一人ひとりのお話をしながら飾ってあげたい゛そんなお母さまの夢を叶える雛人形五段飾りセット

京風場合の持ち物合
三人官女–真ん中が嶋台(しまだい)
仕丁(衛士)――熊手・塵取り・竹箒となります。