京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセット No3032

雛人形・京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセットNo3032

すべてに質感の良さを感じる三段飾りの雛人形

雛人形・京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセットNo3032

 

サイズ 間口100cm×奥行85cm×高さ100cm

雛人形・京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセット No3032

雛人形・京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセット No3032

京八番親王六寸官女付焼桐三段飾りセット No3032 雛屏風 霞に貝桶

【 貝桶 】

貝あわせの貝を入れる桶、貝あわせは平安貴族の遊びで、貝の内側に対になる絵や上の句と下の句を書いて対の貝を当てる。

貝は他の貝とあわせても合わないことから、嫁入り道具の一つ。
貝桶と貝を散らした意匠は華やかで美しく、礼装用には良いものである。

雛人形 日本の文様 貝桶

同じ貝同士はピッタリと合うが、別の貝とは絶対に合わないという事から、夫婦和合の象徴と見られ、嫁入り道具に不可欠な物とされる。

おひなさまを上段の間に飾ったようにならないかしら」そんな願いは焼桐仕立てのひな段にお任せ下さい。

 


 

雛人形 三段飾り 焼桐三段飾りの製作工程

雛人形 三段飾り 焼桐三段飾り

手間を惜しまない技が作り出す雛人形

◆決め手は品質と彩りの良さ◆

屏風の貝桶の刺繍が雛人形を引き立たせます。
   


★ワンポイントアドバイス★

 段の飾り方

飾り段の組み立てには両サイド側板の取り付けからはじめます。

下段の前板を置き、下から畳の張った飾り段を載せて、最後に天板を設置します。

■ 収納箱の出し入れは簡単 ■
■ 飾り段のお手入れ・ 軽く乾拭きでOK ■