京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993

飾る場所も取らずに一つ上の上品な三段飾りの人気の雛人形

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993

間口70cm×奥行59cm×高さ69cm

 

京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993 殿

 

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993 屏風 熨斗目に毬

熨斗目文様 鮑(あわび)を薄くそぎ引き延ばして乾燥させる『のしあわび』は延寿の象徴とされ、祝儀の進物に添えられた。

上記に類する文様の衣装

蝶の文様

平安中期以後に蝶は和様化が進み、有職文様の向蝶(むかいちょう)・臥蝶(ふせちょう)など本格的に蝶の文様化に取り組みました。

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2993 官女


 

焼桐三段飾りの製作工程

焼桐三段飾りは桐を素材とした人気商品


 段の飾り方

飾り段の組み立てには両サイド側板の取り付けからはじめます。

下段の前板を置き、下から畳の張った飾り段を載せて、最後に天板を設置します。

■ 収納箱の出し入れは簡単 ■
■ 飾り段のお手入れ・ 軽く乾拭きでOK ■

■ 雛人形の飾り方、並べ方 ■