京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセット No2992

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2992

健やか、幸せを祈り込める雛人形

雛人形・京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセットNo2992

<サイズ >

間口70cm×奥行59cm×高さ69cm

人気の三段飾りの雛人形には理由があります。

宵の節句3月2日の宵に金の屏風に雪洞に灯りをともしてご家族お楽しみ下さい。

♪ 灯りをつれましょ ぼんぼりに ♪

貴族など婚礼の際、左右一対の燭台に華やかな絵付けをした絵蝋燭をともして三三九度の儀式を行ったことが由来します。

 

京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセット No2992

 

京小十番親王柳官女付焼桐三段飾りセット No2992 女雛のお顔

 

雛人形・有職文様 立涌   雛人形・有職文様 唐花

立涌(たてわく)

 

 

唐花丸

【立涌(たてわく又はたてわき)
 
清らかな気が水蒸気となってゆらゆらと立ち昇っていく雄大な様子を文様化した縁起の良い文様。
 
基本的に二本の線でなり平安時代以降波形の曲線に雲立涌や波立涌・藤立涌・菊立涌・桐立涌・八重梅立涌・青松立涌なとの宮廷装束はやがて武家社会の衣装にも広まった。
 
 
【唐花丸】
 
複雑多弁な花形文様の総称で、形は様々で基本的に円形、中国から渡来されたものではあるが平安時代の和様化される。

 


ひな段を楽に飾りたいし、普段のお手入れも簡単なものが欲しいというママにはとてもご好評をいただいております。

それが焼桐仕様の飾り段と屏風飾りです。

 

★ワンポイントアドバイス★

 <段の飾り方>

飾り段の組み立てには両サイド側板の取り付けからはじめます。

下段の前板を置き、下から畳の張った飾り段を載せて、最後に天板を設置します。

焼桐三段飾りの段・屏風の製作工程

焼桐三段飾りは人気の商品です

■ 収納箱の出し入れは簡単 ■
■ 飾り段のお手入れ・ 軽く乾拭きでOK ■

■ 雛人形の飾り方、並べ方 ■