京十番焼桐平台親王飾りNo1011

雛人形・京十番焼桐平台親王飾りNo1011=人形のまち岩槻 小木人形

豪華な親王飾りはうすい菫色の衣装に桜の刺繍で近づく春を堪能していただけます。

雛人形・京十番焼桐平台親王飾りNo1011=人形のまち岩槻 小木人形

サイズ 間口84cm×奥行45cm×高さ45cm

 

京十番焼桐平台親王飾りNo1011

 

立涌文様

立涌は「たちわく」ともいい、水蒸気がゆらゆらと立涌いて登っていく文様にしたものとされる。

平安時代以降は、波型の膨らんだところに雲や波・藤などをいれた藤立涌・立涌波・藤立涌などは有職文様として使われ能装束にも取り入れられた。

	

桜花は昔話の『花咲爺』で桜の花によって福を招いたお話でお分かりの様に招福の意味がこめられています。

ご家族の皆様で祝うひな祭りにはお奨めしたい衣装です。

春の風景 すみれ

 

 

 

屏風には季節感あふれる春霞に枝垂れ桜

各月にはその月の色があります。三月は夢宵桜
春霞に霞んだ遠くの山に白、ピンクの桜が咲く様子

京十番親王芥子官女付焼桐三段飾りセット No3011 雛屏風
 

おひなさまのお顔・屏風の変更が可能です。


 

焼桐飾り台・屏風の制作工程

焼桐飾り台・屏風