京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R 令和雛

雛人形・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R

平安時代以来、桐・竹・鳳凰が天皇の黄櫨染の御袍の文様と定められ用いられています。

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R

 

【商品番号】京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R
【価格】¥156,200(税込)
【サイズ】間口75cm×奥行43cm×高さ41cm

 

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R 令和雛

 

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R 令和雛 男雛の衣装とお顔

 

桐竹鳳凰の衣装の文様  

下画像に類じた文様の衣装の衣装を使用してございます。

有職文様 桐竹鳳凰 衣装の文様

 

桐竹鳳凰 (きりたけほうおう)

『梧桐にあらざれば栖まず、竹実にあらざれば食わず』

鳳凰は桐の木に棲み竹の実を食べて死ぬまで去らなかったという王者を祝福する瑞鳥嘉木の文様。

鳳凰はその身体に徳・義・礼・仁・信を供えた瑞鳥で天下泰平を象徴するもの。

いつどこにでも出現するのではなく、『天下道である時に限り出現する」

『鳳凰』は『桐』や『竹』も取り合わされることもあって、皇族中心に用いられました。

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R 令和雛 女雛のお顔と衣装

鳳凰と鶴の組み合わせの高貴でめでたい文様が窺がえる衣装のお雛様

『鶴は千年』という添い遂げての長寿の象徴

 

松喰鶴

平安時代後期になり鶴が若松をくわる姿が松喰鶴になり、藤原時代の代表的な文様。

 

 

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R男雛のお顔・女雛のお顔


 

 

金の屏風が雛人形を引き立たせます。

親王飾り・京小十番焼桐平台親王飾りNo1003R ひな屏風 金屏風

 

 

 

飾り平台・屏風枠には楽々設置にお手入れ簡単と大好評の焼桐です。

小木人形は試行錯誤を繰り返し妥協のない焼桐の技法で作り上げました技が生きたひな台・ひな屏風枠を使用しております。

 

雛人形は別に桐箱に納めさせていただきますので、とても安心です。

桐箱 収納