ひな祭りの楽しい演出 吊るし雛飾り

女の子が生まれて最初に迎えるひな祭りが初節句です。

子や孫の成長を願う心を思い一針に優しい温かな心で作ります。

雛人形を贈ってもらい、昔からそれを飾りつけてお祝いしたものです。

 

当日の料理には、白酒・はまぐりの潮汁・ひなずし・ひなを形ちどった小さく作った口取りや煮物などを供え食します。

ひな祭りは楽しくしたいものです。

お内裏様の人形の主役は勿論、吊るし雛飾りを通して、行事の意味や歴史などを教えるきっかけにもなります。

お子様の知識や情操を豊かにするひな祭りなどの行事は、お子さま中心の楽しい演出を考えて、できるだけ印象深い祭りにしてあげたいものです。

さるぼぼ』 

災難から免れますように。

這い子人形

這えば立て、立てば歩めの親心。

お子様の健やかな成長を願います。

三番叟』 

祝い事につきもの。長寿と幸福を願う。

』 

邪気・悪霊を退治し延命長寿を意味します。

桃の実が女性を象徴し、女の子の厄払いとも言われ、早く花が咲き、植えやすく実が多いので多産を象徴します。

ぽっくり』 

早く歩けるようになりますように~~。

ちゃんちゃんこ』 

寒がらず風邪をひかぬように~~。

でんでん太鼓・お手玉』 

退屈しないように~~。

羽子板』 

お子様の厄を祓いのけますように~~。

団子・イチゴ・柿・みかんなどの食べ物』 

お腹がすいたら食べましょうねぇ~~。

座布団』 

お行儀がよくなりましたねぇ~~。

おじいちゃま、おばあちゃまもうれしいです。

うさぎ

童話で親しまれ、ぴょんびょんと飛び跳ねる飛躍のお守り。

多産ということで子孫繁栄。

赤い目のうさぎは呪力があるといわれています。神様のお使いともいわれています。

昔話で親しまれ、犬はお産が軽く、生育が良いことから、安産のお守りなどとして使われ、幼児の厄除けです。

 

ひな祭り 吊るし飾り 吊るし雛