武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292

武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292セット

誇り高き戦国武将の鎧を焼桐の板屏風で豪華に飾りました。

武田信玄公 獅噛付 陣羽織付 焼桐板屏風飾りセット

五月人形・戦国武将 武田信玄 風林火山

風林火山

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如し、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し

五月人形・武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292セット

 

サイズ 間口80cm×奥行50cm×高さ93cm

五月人形・武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292セット

 

武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292

 

武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292 背面

 

武田信玄公創作鎧(歯噛前立)陣羽織付 焼桐板屏風飾りNo3292 の背景 焼桐板屏風

甲斐の虎 武田信玄

北信濃をめぐり上杉謙信と五度にわたる「川中島の合戦」を繰り広げる。

武蔵国をめぐっては、小田原北条氏とともに北武蔵に出陣し上杉軍をけん制したが、信玄の今川攻めを契機に北条氏と対立。

元亀3年(1572)には北条氏と和解し、上洛を目指し三方原の戦いで、徳川、織田軍を破る。

知略に富み、領国経営にも手腕を発揮した武将。