上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写  No3241

上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写  No3241セット

兜の前立は『愛』は愛宕権現とも愛染明王ともいわれる、直江兼続公模写鎧

 

戦国武将・直江兼続公 愛染明王前立て 上杉神社蔵 浅葱縅二枚胴具足模写鎧飾り

五月人形 戦国武将、直江兼続 上杉神社蔵 浅葱縅二枚胴具足模写  No3241

 

幟旗含む サイズ  間口105cm×奥行55cm×高さ105cm

 

直江兼続―北天の守護神

上杉景勝の腹心として仕え、豊臣秀吉に「三百万石で重臣にしたい』と言われるほどの才能のある武将。

屠蘇 盃を挙げ 元辰を祝す 新を迎え 旧を送りて
桃符を換う 万戸千門 一様の春  

   

 

(戦国武将・直江兼続公)具足飾り

 

五月人形(戦国武将・直江兼続公)鎧飾りNo3241 兜の前立て

 


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。