上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232

兜の前立ては謙信公信仰の飯綱権現、上杉家独特の兜でリアルに 

上杉神社蔵 重要文化財 色々威腹巻具足模写(上杉謙信公・飯綱権現前立て)

 

 

小木人形オンラインショップお取り扱い商品・ネットショップお取り扱い商品

 

サイズ  間口80cm×奥行70cm×高さ90cm

 

 

上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232 具足本体

 

 

上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232 具足本体の横の姿

 

 

上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232 兜の部分

 

 

 

 

上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232 具足本体の背面

 

 

 

上杉神社所蔵 戦国武将上杉謙信公 色々目威腹巻具足模写 No3232 焼桐板屏風

 


毘沙門天の化身 上杉謙信 

毘沙門天とは

佛教を守護する四天王の一人で、北方を護る武勇の神でありながら財宝福徳を授ける。

財宝福徳をさずけ、子宝を授ける神とされ、あるいは戦勝の神としても古くは武将に信仰されておりました。

身に甲冑をつけ右手に宝剣を、左手に塔をささげ、まさに悪魔降伏の姿で立っています。

勇気授福、護国の神としても広く信仰を集めております。

毘沙門天の旗の下に戦いに生きる人生。

和歌な巧みな文化人としても知られています。

 

色々目威腹巻具足模写兜陣幕飾りセット

五月人形・重要文化財 色々威腹巻具足模写(飯綱権現前立)兜陣幕飾りNo4131

 越後守護代長雄為景の末子として春日山に生まれ、父の死後国の乱れを鎮圧。

のち、関東管領職の上杉家の名跡を譲られ、越後・関東の平定に努め、武田信玄との川中島合戦などで名将と謳われる。

人物は清廉で、文学や道義にあつい文武の両道の武将。

 

五月人形 飾り台・屏風には焼桐が人気です。

小木人形は試行錯誤を繰り返し妥協のない焼桐の技法で作り上げました技が生きた五月人形飾り台・屏風等を使用しております。

五月人形セットとして平台飾り・高床台飾りをご用意しております。

製作工程
① 植物性液体(表面だけでなく表面深まで火が通る液体)を塗ります。
② 酸素バナーで焼きます。
③ 炭取り専用機にてスス炭を取り除きます。
④ 伊保田を塗ります。(ハゼの木に付虫の油を採取し粉末にする、粉米油を液体にしてぬる。)
⑤ 磨き機に掛け磨き艶を出します。