直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写兜飾り  No3141

五月人形・上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写兜飾り  No314

兼続のもとで作られた町が現在の米沢の骨格を成した。

山形 米沢市 上杉神社所蔵模写

五月人形・上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写兜飾り  No314Ⅰ

サイズ  間口75cm×奥行45cm×高さ60cm

 

上杉家家老として叡智を豊臣秀吉に買われ、関が原敗戦後は上杉家安泰のため徳川家康の重心本多正信らの間を奔走。

五月人形 上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写兜飾り  No3141

 

五月人形 上杉神社蔵 直江兼続 浅葱縅二枚胴具足模写兜飾り  No3141

【直江兼続】

米沢の城下町整備は、慶弔13・14年に進められました。

景勝から兼続は総監、つまり城下町建設の総責任者を命じられます。

 


 

五月人形・焼桐平台飾り 焼桐政策工程

焼桐は特性を持つことで知られており、当店の焼桐は特に日本間・洋間にも映える物として評判です。

当店の焼桐は総桐ですから、側面まで焼きの加工が施されて、軽く反りにくく、やわらかな感じです。

焼桐ですから表面が綺麗になり、汚れにくくなっていますので、素手でのお取り扱いされても安心です。