奥の細道吟行

9項

平成十一年十月九日

雲厳寺 黒羽

 秋風や一時揺らぐ杉の皮
 杉の脂てらてら木漏れ日晒しけり
 石垣の白苔湿る秋の昼
 秋色の濃き静寂の雲厳寺
 秋天を衝く鉾杉の大樹かな
 身に入むや巨石を磨く渓の音
 磴登る足音響く薄紅葉
 芋虫の山門歩く雲厳寺
 瀬音して寂光放つ曼珠沙華
 山門の秋天締める蔦一輪
 山門を入れば盛りの梅擬
 鐘楼の四囲に色濃き小菊かな
 身に入むや箔の剥げたる菩薩像
 蟷螂のすがりし寺の窓格子
 翁句碑秋海棠の庭の中
 竜脳菊純白青き空のもと
 十月の鐘二つ打ち朱印受く
 杉苔の重なる秋の木漏日よ
 鬼やんま二度飛び祓ふ観音堂
 冷まじき祠地蔵の丈一寸
 覗きたる木馬の眼冷まじき
 水底の影歪みしは山女魚なる
 赤蜻蛉なんなくつまむ御手突石
 秋深し滝音を消す早瀬波
 立ち止まり師の教えたる女郎花
 玲瓏岩覆ひおほせる蔦紅葉

奥の細道吟行一覧へ