奥の細道吟行

7項

平成十一年九月一七日

室の八嶋(大神神社)栃木

 秋の日や大切株の湿り居り
 鳥居の幣白く揺らせる秋の風
 今朝の秋大樹の苔の厚くなる
 三十二燈籠数へ秋の声
 蓑虫の住み家となりぬ苔燈籠
 冷やかな白晢肌の大樹かな
 涼新た水琴窟楽奏でけり
 手水舎の屋根に触れたる山葡萄
 秋の蚊と室の八嶋を巡拝す
 神の杜いよよ幽くす蛇の衣
 雫して艶を増したる秋海棠
 秋澄めり真鯉の遊泳神の国
 玉雫きらめく蜘蛛の囲二重
 大神社栃の木大樹初黄葉
 仰ぎたる阿吽の鬼面秋気澄む
 大神社苔の敷石冷まじき
 水引草かすかな風に紅磨く
 竹割りし静寂の秋を日が渡る
 雨蛙一葉揺らして葉移りす

一日光杉並街道 大沢宿

 せせらぎに馬頭観音涼新た
  秋光や膠の色の松の瘤
 秋水の数えの一句得たりけり
 神鈴を振る風の中棕櫚は実に
 花蕎麦の一朶の雲の白さかな

奥の細道吟行一覧へ