奥の細道吟行

6項

平成十一年八月二一日

友沼河岸(乙女河岸)間々田

 田村草一面覆ふ乙女河岸
 河岸の天すいすいと舞ふ鷺の群
 足とられたる乙女河岸??飛ぶ

小山博物館  間々田

 立鍬の手元黒ずみ秋暑し
 青錆の光背菩薩涼しかり

泉龍寺 間々田

 曼殊沙華玉石に塵無かりけり
 千屈菜の赤紫の石に添ふ
 鐘楼の朱柱夕べ秋日燃ゆ
 蝉時雨錆噴く剣の不動尊
 庭石に百日草の影一輪
 大切株赤き茸を育めり

間々田八幡宮 間々田

 爽涼や頼朝手植の松に穿つ
 青蛙松苗の葉に憩ひ居り
 噴水を芯とし緋鯉回遊す
 下闇の土の香走る芭蕉句碑
 夫婦杉注連の高さへ苔結ぶ

飯塚一里塚 小山

 一里榎色なき風に揺れ
 筑波嶺や薄墨色の秋の暮 

奥の細道吟行一覧へ