奥の細道吟行

38項

鳥越一里塚  新庄
 
仰ぎ見るぶな夏の日に踏まれたる
 ぶなの瘤樹夜噴き蟻住み家とす
 涼しさや木の影作る一里塚

 

柳の清水  新庄
 清水澄み芭蕉と曽根の声聴かむ
 水馬足高に影曳いて行く
 地蔵堂扉を開け清水の風覚ゆ
 清水汲む一期一会の旅人と
 芭蕉句碑夏蝶の影よぎりけり

 木影より涼風生まれ胸元に

接引寺  新庄
 樹肌白き真昼の松の暑気放つ
 「風流」の墓石涼気放ちけり
 純白の前垂地蔵口汚す

新庄城跡  新庄
 花菖蒲地に抜け出て色の濃し
 花菖蒲笑みし幼児声高し
 神木の木陰に佇ちて涼新た
 城の濠噴水据えてしぶきけり

奥の細道吟行一覧へ