奥の細道吟行

3項


平成十一年七月七日

札場河岸公園  草加

 尋ね来し甚佐衛門堰金魚住む
 夏川に大鯉ばさっと水輪生む
 旅涼し檜香の衝く五角堂
 夏萩のはびこみて居し石畳
 川杭に羽撃つき翔ちし川鵜かな
 万緑や鳥声百代橋包む
 花菖蒲紫尽くす綾瀬川
 稚魚群がるきらり涼しき矢となり

香取神社 越谷

 白きまで御手洗の石灼けてをり
 鳳凰の額据え鳥居涼しかり

久伊豆神社 越谷

 参道の紫陽花の花色鮮やかに
 青苔の老松亀甲掌に固し
 梅雨茸の白き粉を噴き晴れにけり
 梅雨晴間注連縄の幣風に鳴る 参道行けば蝉声高らかに
 幹裂け
て蟻塚となるが松巨木
 川蜻蛉番を許す神の池
 神殿に迫り睡蓮真白なる
 夏の日や祝詞奏上朗朗と
 狛犬の足止め麻の涼しかり

奥の細道吟行一覧へ