TOP > 五月人形 > 商品カタログNo1 

世代を超えて愛される五月人形は超リアル国宝・重文模写鎧兜

 
小木人形 トップページへ 人形のまち岩槻 小木人形 人形のまち 岩槻 小木人形
五月人形 端午の節句の由来、歴史 五月人形 鎧兜の選び方、Q&A 五月人形 鯉のぼりの選び方、Q&A 雛人形(おひなさま)のカタログ




 
 国宝模写鎧兜    戦国武将鎧兜 カタログ2へ
2017年度 五月人形

国宝・重要文化財 鎧兜 下記の多数の大きな画像が見られます
  2017年度 五月人形

 戦国武将 鎧兜 下記の種類の大きな画像が見られます





国宝模写鎧兜 春日大社『竹に虎雀大鎧』模写

 国宝模写鎧兜 春日大社『竹に虎雀大鎧』模写鎧


  • 四分の一模写 人気商品です。
  • 藤原氏の氏神様である春日大社
  • 春日大社の赤糸威大鎧と櫛引八幡宮の赤糸威の大鎧は現在甲冑の双璧と称されている。
  • 鎧の大袖には竹に虎雀金物、兜には竹に雀金物が見事。
  • 焼桐を素材とした飾り台・屏風に豪華さの中に気品あふれるセットです。
奈良 春日大社
           

国宝模写 春日大社 竹虎雀金物鎧四分の一
国宝模写鎧兜 春日大社『竹に虎雀大鎧』模写鎧 

間口84cm×奥行45cm×高さ85cm
 下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ



五月人形(鎧兜)カタログページTOPへ

青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 菊一文字金物赤糸縅大鎧 (鎌倉時代後期)模写

青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝 菊一文字金物赤糸縅大鎧
(鎌倉時代後期)模写鎧

青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 菊一文字金物赤糸縅大鎧 (鎌倉時代後期)模写
  • 三分の一模写
  • 大袖と兜にパ菊一文字の飾り金具があり『菊一文字の鎧兜』として有名。
  • 春日大社の赤糸威大鎧と櫛引八幡宮の赤糸威の大鎧は現在甲冑の双璧と称されている。
  • これ以上ない重厚感が堪能できるセットです。
青森県 八戸市 櫛引八幡宮
     
        
青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝 菊一文字金物赤糸縅大鎧

(鎌倉時代後期)模写鎧 サイズ  間口90cm×奥行57cm×高さ100cm
 下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ




五月人形・青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 褄取白糸縅大鎧

青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 褄取白糸縅大鎧
模写鎧

  • 四分の一模写 人気商品です!
  • 褄取りの様式で兜・鎧・大袖などがすべて残されている唯一の鎧。
  • 南北朝時代の南朝の天皇で後村上天皇から南部信光公が拝領した鎧。鎧。     
  • 大袖、草摺などを紫・黄・萌黄・紅色などで褄取して白糸で威した鎧。
    褄取りとはこの兜にある三角形の模様です。
五月人形・青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 褄取白糸縅大鎧
五月人形・青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 褄取白糸縅大鎧
青森 櫛引八幡宮所蔵 国宝模写 褄取白糸縅大鎧

模写鎧サイズ  間口84cm×奥行50cm×高さ90cm
 下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ



五月人形(鎧兜)カタログページTOPへ

五月人形 大鎧 国宝模写
 武家社会が崩壊後明治時代には多くの名品が海外へと流出し、特に有名な国宝級の名品、足利尊氏公所要とされる『白糸威褄取大鎧』はニューヨーク メトロポリタン美術館に所蔵されている。





山梨 菅田天神社所蔵 (平安時代後期)国宝 小桜黄返皮威大鎧

山梨 菅田天神社所蔵 (平安時代後期)国宝 小桜黄返皮威大鎧
模写鎧

山梨 菅田天神社所蔵 (平安時代後期)国宝 小桜黄返皮威大鎧
  • 四分の一模写 人気商品です!
  • 小桜模様が誇らしいげに鮮麗された美しさが圧巻。
  • 源氏八領の一つに数えられる鎧模写、『楯無の大鎧』と呼ばれる。
山梨 菅田天神社所蔵 (平安時代後期)国宝 小桜黄返皮威大鎧
山梨 菅田天神社所蔵 (平安時代後期)国宝 小桜黄返皮威大鎧

模写鎧サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ90cm











五月人形(鎧兜)カタログページTOPへ

広島 厳島神社所蔵 国宝 浅葱綾威大鎧

広島 厳島神社所蔵 国宝 浅葱綾威大鎧 (鎌倉時代後期)模写鎧 

  • 四分の一模写 人気商品です! 

  • 浅い紺糸(浅葱)の鎧飾り、八幡太郎源義家の奉納と伝えられる。 

  • 帯所が不動明王と不動明王二童子、矜伽羅(こんがら)、 制た伽(せいたか)を配した三尊形式です。   


    広島 厳島神社所蔵 国宝 浅葱綾威大鎧 弦走
広島 厳島神社所蔵(鎌倉時代後期) 国宝模写 浅葱綾威大鎧
国宝模写 浅葱綾威大鎧 鎧飾り

サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ90cm
下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ




広島 厳島神社所蔵  国宝模写  糸威大鎧

広島 厳島神社所蔵  国宝模写 糸威大鎧

広島 厳島神社所蔵  国宝模写  糸威大鎧
  • 四分の一模写 人気商品です!

  • 世界遺産の厳島神社は平家一門の手厚いほごを受け、この紺糸威鎧は平清盛の長男、平重盛の奉納と伝えられる。

  • 重厚感溢れ荘厳な鎧。

広島 厳島神社

        

広島 厳島神社所蔵  国宝模写 糸威大鎧 鎧飾り

サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ90cm

下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ





五月人形(鎧兜)カタログページTOPへ

東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧飾り

東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 

            
  • 鎧兜の上部より白・黄・薄紫・紫の威して美観に優れて鎧。

  • 鎌倉幕府の七代将軍惟康親王が元寇の際に蒙古軍の撃退を記念して奉納したとつたえられる。

  • 四分の一模写。
東京 御岳神社

       
東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧飾り
東京 御岳神社所蔵 重要文化財 紫裾濃威大鎧模写 鎧飾り

サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ90cm
下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ



愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写

愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写
  • 源義経が着用したと伝えられる。
    壇ノ浦の合戦で平家方の攻撃をかわし、八艘飛びの伝説は有名です。
  • 草摺が7間に分割されている。

  • 四分の一模写。                                                
愛媛県今治市大三島 大山祇神社
    
 愛媛県今治市大三島 大山祇神社 国宝 赤糸威胴丸鎧模写

サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ85cm
下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ





広島 厳島社所蔵 重要文化財 黒韋威肩紅の大鎧模写  
三分之一 鎧飾り

            
  • 絵韋には梵字・青海波・龍が見事に豪華さを添えます。

  • 赤と黒のコントラストが素晴らしいと人気です。

  • 三分の一模写。


       
 広島 厳島社所蔵 重要文化財 黒韋威肩紅の大鎧模写
 三分之一 鎧飾り

サイズ  間口90cm×奥行50cm×高さ100cm
下へ続く

五月人形カタログ戦国武将鎧兜ページトップへ





白糸威褄取の大鎧 五分の二模写鎧 メトロポリタン美術館所蔵(アメリカ

白糸威褄取の大鎧 五分の二模写鎧 
メトロポリタン美術館所蔵(アメリカ) 鎧飾り

白糸威褄取の大鎧 五分の二模写鎧 メトロポリタン美術館所蔵(アメリカ
  • 足利尊氏氏所用と伝えられる            
  • 絵韋には不動三尊が魅力的
  • 兜の総覆輪筋兜
  • 白糸に褄取で威した華麗な大鎧             
  • 五分の二模写  
   
    白糸威褄取の大鎧 五分の二模写鎧 メトロポリタン美術館所蔵(アメリカ) 兜
 白糸威褄取の大鎧 五分の二模写鎧 
メトロポリタン美術館所蔵(アメリカ)

サイズ  間口105cm×奥行55cm×高さ115cm





五月人形 国宝模写鎧兜 紫糸威大鎧 1/4 大山祇神社所蔵

愛媛 大山祇神社所蔵 国宝 紫糸威大鎧模写  
四分之一 鎧飾り

            
  • 飾り物に車の輪をつけ、革所に鹿革染をしょうした紫糸威
  • 源頼朝奉納と言われる紫綾威大鎧を模写した大鎧で、地味な仕立ての中に気品と優雅さがあります。

  • 四分の一模写。


       愛媛 大山祇神社所蔵 国宝 紫糸威大鎧模写
愛媛 大山祇神社所蔵 国宝 紫糸威大鎧模写1/4の模写
愛媛 大山祇神社所蔵 国宝 紫糸威大鎧模写
 四分之一 鎧飾り

サイズ  間口84cm×奥行45cm×高さ85cm





平安時代から鎌倉時代にかけての武士の装いは大鎧
上級武者が騎馬用としての甲冑。

大鎧は胴の部分と腰から下を防備するスカート状の草摺(くさずり)からなっている。
胴には小札(こざね)という札状を美しい色で染める紐・革で隙間なく並べ、敵の刀・矢から護る。

大鎧には星兜が組み合わされる。

大鎧は正式の鎧で『式正の鎧(しきせいのよろい)』とも言われる。

騎馬戦では太刀が使用される。
刀身に反りが出てくる。長さ2尺(約60cm)以上の長さがあり、馬上での使用に適する。
太刀は刃を下にして紐や金具で吊るす。
使用する場合は下から切り上げる。
鎧の弦走の絵韋
■ 牡丹に唐獅子
華麗さを一層引き立たせる牡丹の花が咲き、唐獅子が戯れる力強い図柄です。
■ 不動明王に二童子
不動三尊像の矜羯羅童子立像に制多伽童子立像はよく使われています。






五月人形・戦国武将(鎧兜)カタログページTOPへ

五月人形トップページ 五月人形カタログNo1 五月人形カタログNo2 五月人形カタログNo3