TOP > 雛人形 >雛人形を楽しむ >京友禅雛
小木人形ホームページトップへ 雛人形(おひなさま)トップ ひな祭り・雛人形(ひな人形)・おひなさまの由来、歴史 雛人形(おひなさま)のカタログページへ

京手描き友禅雛・優雅柔らかな風合いに仕上がります。


京都機やさんから雛人形着付け師までの制作工程が分かる


デザイン考案 おとぎ話の『花咲じいさん』は人気です
白生地 京都丹後一越(ひとこし)縮緬
ゆのし 生地の長さや幅を整えるために蒸し気で生地を伸ばします。
下絵 意匠図案にもとづいて、白生地に青花液で模様を描きます。
黄染 別の布(ためし布)で試染し、色あわせした染料をムラの出ないように染めていきます。
濃い色は2〜3度重ねて染め上げます。
手描き友禅 色々な筆と刷毛で薄い色から濃い色へ順に進めていきますが、
刷毛の扱い方でぼかし模様も染められます。
ゆのし
金彩 金・銀の箔や粉を使い豪華な雰囲気を作ります。
金(きん)くくり押し箔摺り箔(すりはく)砂子などの技術で京友禅ならではの美しさを表現します。
刺繍 絹糸・金糸・銀糸を使って、駒使い・管・相良(さがら)・平繍などの刺繍方法で
模様に気品と華やかさ、ボリュウム感を持たせます。
仕上げ
雛人形制作


おとぎ話京友禅雛