TOP > 雛人形 >雛人形商品カタログ>関連記事(歳時記)
岩槻人形店 小木人形(岩槻工業団地内)  人形のまち 岩槻 小木人形
トップへ
雛人形(おひなさま)トップ 雛人形(ひな人形)・おひなさま、ひな祭りの由来と歴史 雛人形(おひなさま)のQ&A 楽しいひな祭りの歌♪灯りをつけましょぼんぼりに〜 雛人形(おひなさま)のカタログ 人形制作にかける想い

春早々に祖母の雛人形(ひな人形)・おひなさまを飾る姿が思い出されます。

心も弾む季節---ひな祭りが春をお届けします。

日本の季節「春」を楽しむ
人形のまち 岩槻 小木人形


ひな菓子 (菱餅・雛あられの由来)


ひな祭りにつきものの雛あられ、お子様もだいすき。ひな祭りには菱餅・雛あられをお供えしましょう♪
このあられは本来は昔の携帯食料で、お餅を天日に乾かして炒ったのがあられなのです。旅行や遊山、野外の祭りに持っていったのがひな祭りの原形になったと言われています。

菱餅は文字通り、のしもちを菱形に切ったお餅です。江戸時代初期にはすでに菱餅は供えられていたようです。もともと草餅が雛への供物だったのが、だんだんと菱形に切った紅白緑の三重ねとして供えられるようになったのです。五重ねのもあります。

これは、昔中国に菱の実を食べて長生きした仙人があったので娘の長寿を願うために、その仙人にあやかるためにそうするようになったと言われています。宮中では、菱花びらという下が丸餅で上に菱形の餅かのっているものを、正月に食べています。この菱花びらの上の部分だけが民間で行なう祭りに生きているのです。
桃酒・白酒の由来


古代中国では桃は邪気を払う仙木として、三月の節句に桃花酒を飲む習わしがありました。
その習わしが日本に伝わって来たのが始まりだと言われています。

正月行事にもちいる、魔除けとして用いる一般の神符も桃の木を削って作りましすし、神符を「桃符」と名づけるのも、札に霊験があると信じられていたからです。
その花から作った桃花酒に一種の霊力があると考えて飲むのは、当然のことだったのでしょう。

一方ひな祭りにつきものの白酒。三月の節句に邪気を払うために飲んだのが民間に広まり、ひな祭りが盛んになるにつれて、白酒は雛壇への供物になっていったのです。江戸時代、安永の頃までは白酒を売って歩く行商人がいて、その姿を見かけるようになるとひな祭りが近づいたんだ、と女の子達は喜んだそうです。

また、白酒を供えるのは、桃の花の桃色に対して、白酒の白を用い、紅白でおめでたいということから供えられるようになったとも言われています。

匂いも色もほのかな桜

さくら さくら やよひのそらは みわたすかぎり かすみかくもか にほひぞいづる いざや いざや みにゆかむ♪

.桜餅

小麦粉と白玉粉を溶いて焼いた薄皮で餡を包み、塩漬けの桜の葉でくるんだもの。葉の香り、餡の甘さと葉の塩味の絶妙さが、なかなか味わいのあるものです。

桜湯

八重桜の七分咲きの花を軸を残したまま塩漬けにしたものを湯のみ茶碗に入れて、熱湯を注ぐ。
薄桃色の花が開き、芳しい香とともに楽しむ、お祝いの席てのお茶代わりに用いる。

春の先駆けに先ず咲く梅の花

二月も下旬になると梅の花もほころびはじめます。梅は日本人には和歌や俳句の季語として用いられ親しまれて来ました。
食品としてもアルカリ性の高い健康食品としていろいろ好まれています。

□天神信仰との関り

菅原道真もこよなく愛した梅は学問が栄える時には見事に咲くという言い伝えがあり、今では、天神さまは学業の神様としてあがめられ、ことのほか受験生には人気があるようです。


啓蟄(けいちつ)

二十四節気の一つで、三月六日頃。啓蟄の次の節気は三月二十一日頃の春分で、この間が十五日間ある。

啓蟄は冬の間、地中ですごもりをしていた虫たちも、春の気配で地中から出て来るという意味です。

この頃から多くの方が雛人形をしまう日(湿気の無い日)を選ぶようです。


□仲春
啓蟄(三月六日頃)から清明(四月五日頃)の前日までや約一ヶ月をさす。

破魔弓・羽子板飾り

破魔弓・羽子板飾りの由来





歳時記・日本の季節「春」を楽しむ ページトップへ